2020

Hashimoto

3密でお困りの
病院やお店の方へ
対策ツールの無料提供

デザイナーのHashimotoです。 新型コロナウイルスの感染拡大により、営業が困難になったり、集客に大きな影響を受けてしまった病院や、飲食店、イベント運営者の方向けに、3密を回避して安全な営業を行うためのウェブサービス"どこでも待合室"をネットで無料提供しております。

どこでも待合室|無料3密回避アプリ

dokodemo.app

ご利用登録も住所などの個人情報を入力しなくても、すぐにご利用できますので、リスクなしでお試しいただくことができます。

"どこでも待合室"の仕組み

"どこでも待合室"は、スマホに待ち時間を表示することによって、自分の車などどこでも好きな場所で待つことができるようになるシステムです。 このようなデジタル整理券の仕組みは、一部の施設で導入されていますが、高価で複雑なため、まだ国内では一般的ではありません。 しかし"どこでも待合室"は無料かつシンプルですので、現状の課題に対して実用的な対策の1つだと思っています。

今後、デジタル整理券システムは一般的になる

現時点では、デジタル整理券システム「スマホで見れる待ち時間」という仕組みは、認知されていませんが、今後一般的になっていくのではないかと思っています。 今後もし「混雑」が課題になったときには、"どこでも待合室"を思い出していただければ幸いです。

くわしい使い方などは、オフィシャルサイトをご覧ください。

どこでも待合室|無料3密回避アプリ

dokodemo.app

このサイトはThoughtを使って運用されています。

最近更新された
タイムオフスクラップ