2020

Hashimoto

折りたたみの
机の脚を
無垢材でDIY

無垢材の折りたたみの足がとても高かったので自分でつくることにしました。 材料は、SPF(木材)、蝶番です。 設計図をPDFで用意しました。 この脚は、かんたんで安いのが特徴です。

満足度

2/5

難易度

ふつう

費用

¥1,500~

切断

ホームセンター

組み立て

4hours~

材料

SPF

道具

電動ドライバー, 木工用ボンド, やすり

設計図

木と木の接着はビスが見えるのが嫌なので木ダボで接続しましたが、ダボは時間がかかるのでビスをつかっても良いと思います。 ビスを使う場合は、少し深めにビスをいれて、ボンドと木屑を混ぜたものを穴に詰めることで、ごまかすことができます。 床に置いたときの脚のバランスが悪い場合は、ヤスリで削って調整します。

4つ脚を組んだら、蝶番を取り付けます。 蝶番は1本に対して2つ使うのが良いと思います。 実はここの作業が一番アクロバティックです。 大きな失敗はないのですが、斜めにならないように正確につけていくのが難しいです。 また蝶番は、天板を上に乗せたときにひっかからないように、上側にはみ出ないようにつけます。

蝶番をうまく取り付ける簡単な方法は思いつきませんでしたが、最低でもキリで穴をあけてからビスを打つようにするとだいぶん楽になります。 ビスをいきなり打つと、柔らかい木目にビスが逃げて行って最終的に少しずれてしまいます。

最後に、脚の裏と天板が接触する部分にゴムを多用途ボンドで貼ります。 ゴムはホームセンターにも売っていますしなんでもいいと思います。 支えはとりあえずタコ糸でしのぎましたが、ロープや金具、なんでも良いと思います。 ロープ1本が手軽で格好良いかもしれません。

折りたたみの足は、たくさんあっても便利なので、同じサイズでつくっておけるといいですね。 もしよければ設計図をダウンロードしてつくってみてください。

このサイトはThoughtを使って運用されています。

最近更新された
タイムオフスクラップ