2020

Hashimoto

これでできるSPF塗装
塗装を成功させる
下地作り

木材をいきなり塗ってしまうと、ムラができたりちゃんと着色しなかったりします。 この記事では初心者が綺麗に塗装するための方法を解説します。 必要な道具は、やすりと雑巾です。 工程はサンディング(研磨)と、必要に応じて水引き(スポンジング)をおこないます。 サンドペーパーは、下の写真のように裏が青いものでも、茶色いものでもどちらでも良いです。

やすりがけのやりかた

工程1
木目に沿って60~80番目程度で全体にやすりをかけます。

工程2
木目に沿って120番目程度で全体にやすりをかけます。

工程3
木目に沿って180~240番目程度で全体を均一にやすりをかけます。

水引きのやりかた

買ってきたSPFは、水分を吸うと毛羽立ちます。 なのでペンキで塗装する際には、毛羽立たないように、あらかじめ毛羽立ちを除去するのがおすすめです。

工程1
研磨後、濡れた雑巾で木材を湿らせます。

工程2
乾燥後、表面が毛羽立っていると思います。 木目も少し浮き出ているはずです。

工程3
毛羽立ちを180~240番目でやすりをかけて取り除きます。

下地のつくりかたは以上です。 とくにステインで塗る場合は、大切な工程です。 必要に応じて電動サンダーを購入するのもおすすめです。 併用するとかなり楽になります。 また下の写真のようなやすりをくるんで使うホルダーを使うと楽になります。 取り付けるタイプも売っています。 やすりがけは、よく刺さって怪我をするのでそこだけ注意してください。 ではまた次回!

この記事の連載記事

このサイトはThoughtを使って運用されています。

最近更新された
タイムオフスクラップ