すごくかんたん
木製のゴミ箱を
つくってみよう

かんたんに作れる木製のゴミ箱です。 なんだかんだ木製のシンプルなゴミ箱はそこそこ値段もしますし、希望のデザインがなかったりします。 今回は厚さ15mmのシナランバーを使って、ボンドでくっつけるだけのかんたんなものです。 一応設計図もつくったので、DIY初心者におすすめです。 100円ショップで似たような板を買ってきて、同じ構造で作ってもいいと思います。 ホームセンターの場合は、好きなサイズで切ってもらえるのでおすすめです。

満足度

4/5

難易度

かんたん

費用

¥1,000~

切断

ホームセンター

組み立て

2hours~

材料

シナランバー

道具

木口テープ, かなづち, 木工用ボンド, やすり

設計図

自分で木を切る必要はありません。 ゴミ箱のサイズを決めたら、ホームセンターでシナランバーを切ってもらいましょう。 1枚のシナランバーで2,3個作れると思います。 板の接着は、ごく細のクギがあれば間違いありませんが、ボンドだけでもOKです。 ゴミ箱の底にシナランバーを使うのはもったいないのでベニヤなどで代用してもOKです。 ボンドを塗るときは、ボンドがはみ出た部分は、塗料がはじいてしまうので、はみでてしまったら雑巾で完全に拭き取りましょう。

サイズの考え方

難しいことは考えずに、作りたいサイズで板を4枚用意すればOKです。 ホームセンターでは、つくりたいゴミ箱のサイズの板を4枚切ってもらえば、1つのゴミ箱をつくることができます。 販売されているシナランバーのサイズは、1820mm x 910mm ですので、複数個つくることができます。 シナランバーの参考価格表は"DIY家具で使う木材の種類とサイズ規格表"で確認できます。 設計図は厚さ15mmですが、12mmのほうが軽くていいと思います。

シナランバーは、木口テープというテープで合板部分を隠すことができます。 上の写真は隠す前ですが、隠すと下の写真のようにランバーなのがわからなくなります。 木口テープは、板の厚さに合わせて買ってください。

木口テープの取り付け方法

  • 板の厚さに合わせて木口テープを購入します

  • 木口の長さに合わせて少し長めに購入します

  • 木口に合わせてテープを貼ります

  • このとき貼り直さずに一回で貼ってください

  • 端から少しづつ剥がしながら貼っていくとうまく貼れます

  • 貼った後、こすって空気をぬいてください

  • しっかり貼れたらやすりではみ出た部分を削ってなじませます

今回はニッペのステイン ウォルナットで着色してから、ブライワックスのジャコビアンでフィニッシュしてます。 木材塗装については"無垢材SPFの塗装 カラーチャート"で詳しく書いていますので興味があればそちらも参考にしてみてください。

このサイトはThoughtを使って運用されています。

最近更新された
タイムオフスクラップ